パム・グラウト著の「こうして、思考は現実になる」について。

 

結構前に読んだのですが、感想を書いていきます。

 

まず、色々な願望実現を読み漁っていた頃にこの本にも出会いました。

かわいい外国人の子供達が表紙ですね。

最近こういう表紙の自己啓発本は多い気がします。

 

 

sponsored link

「こうして、思考は現実になる」

著書はアメリカ人のパム・グラウトさん。

フランス人女優ジュリー・デルピー似の綺麗な女性です。

↑注意)こちらはジュリー・デルピーさんです。

 

パムさんの写真はパムさんのサイトで見れます。

 

 

とてもユーモアのある方で読んでいて面白かったです。

35歳の誕生日前に長年の恋人に振られたという導入から入りますし。

ちょっとセックスアンドザシティっぽいと思いました笑

 

 

パムさんはこの著書の中で、

「思考は必ず現実世界に影響を与える」と語り、人生を思い通りに動かすため、可能性のフィールド(フィールド・オブ・ポテンシャリティ、略してFP)にアクセスし、エネルギーを意のままに操れば何でも欲しいものが手に入ると解いています。

 

こちらを読む前にトランサーフィンを激しく読んでいたので、FPはトランサーフィンでいうところのバリアントの空間なのかな、と思いながら読んでいました。

 

この事実をFPの力を体験するために9つの実験のやり方を本書では説いています。

 

 

一応、実験1~9までやってみましたが、本を読み終わった後も何度かやってみたのが実験5の「人生相談の法則」でした。

5,6回やってみた内の成功した2回について書きます。

 

1.船が…

その時やっていた仕事を辞め、転職するかどうか悩んでいました。

本に出てくる青年のように明確なサインが欲しかったのでFPにお願いしました。

所要時間は48時間。

 

 

普通に通勤して会社に行っていましたが、何も起こらず。

(普通は外にいた方が色々と目につくし、サインが起こりやすそうなので外に出るようにしています。)

2日目の家にいた時にサインがありました。

その当時海の近くに住んでいて。

たまに船が行きかうところでした。

でも毎日じゃありません。

 

 

「私は会社を辞めるべきでしょうか?」と考えながら窓の外を見ていると、船の明かりが点滅したんです。

これがサインだと解釈しました。

結構時間ぎりぎりでしたね。

 

 

2.名字が…

2回目も仕事を辞めるか悩んでいた時でした。

さんざん悩んでいて。

背中を押してくれるような啓示が欲しくて、またしてもFPに尋ねました。

一日目は何も起こらず。

2日目は仕事帰りに美容室に行くことになっていました。

美容院の予約時間のちょっと前が期限の時間でした。

それまで何も起こらず、店に着こうとしていました。

「あ~失敗か」と思いながら。

 

するとそこには、いつもの受付担当じゃない人が立っていました。

名札には友人の名字が。同じ名字だったのです。

(比較的珍しい名字で同じ名前の人には会ったことがない)

 

本当に時間が終了する間際に起きました。

質問とは直接的には結びついていないですが、そのタイミングを見るとお告げのように感じたのでした。

 

 

 

sponsored link

「こうして、思考は現実になる」のコツ

こうして、思考は現実になるを実験してみて。

何も起こらず失敗したこともありました。

原因は次のものだと思っています。

 

 

願ったことをほとんど忘れていた

所要時間が48時間の実験が多いですよね。

私が失敗した時は、FPに尋ねたにも関わらず、48時間の間忙しさに忙殺されて、ほとんど思いださなかったことが原因だと思いました。

 

逆にうまくいった時は、48時間の中で頻繁に思い出し、何度も頭の中で尋ねていたように思います。

念じる力、思考力を使う必要があるのだと感じました。

参考になれば幸いです。