キョロキョロと周囲を見渡し、行動を決めているキョロ充。

キョロ充は周囲から浮きたくなくて必死な人達です。

そんなキョロ充にみられる特徴をまとめました。

 

sponsored link

キョロ充の特徴4つ!

 

 

常に周囲を観察している

名前の由来にもなった通り、キョロ充は周りをキョロキョロと見渡し、周りと同じように行動できているかどうかを常に気にしています。

集団の中で目立って叩かれたくないのです。

「出る杭は打たれる」日本社会において、よく見かける人種でもあります。

 

多数派につく

キョロ充は周囲から浮くことを異常に恐れているため、浮かないように常に多数派にいるように気を付けています。

が、実は権力者に従っているだけで、自分の意見は違うこともありますが、自分の本当の気持ちや意見を犠牲にしてでも、周りに合わせます。

輪の中心にいる人物に対してイエスマンであるため、よくわかってない人からは「本当にいい人だよね」などと言われることもあります。

本当は違うのですが…

 

自分に嘘をつくことはとてもストレスになります。キョロ充は見えないストレスがとても溜まっていることでしょう。

 

本当の気持ちに嘘をつく

「集団から浮かない」ことを基準にしているキョロ充は、自分の本当の気持ちに嘘をついています。

例えば家で寝ていたくても、リーダー格の人から「集まろう」と言われると必ず行きます。

好きじゃない人の誕生日を祝おう、と言われて幹事を引き受けたります。

自分の本当の気持ちに嘘をつくことは大いなるダメージになるため、心を消耗していることでしょう。

 

集団から浮いている人を馬鹿にする

キョロ充は多数派にいることで安心し、気持ちが大きくなります。

 

周りがバカにしているから、という理由で自分も他の人をバカにしたり、いじめたりします。

 

例えばバイトの新入りなどは、仕事を覚えていないため、最初は集団の中で立場弱いものです。

バイトリーダーや社員から辛く当たられることもあります。

その時、キョロ充も便乗して、新入りをいじってきたりします。

 

 

しかし、新入りの人が仕事を覚え、周囲と仲良くなってくると、キョロ充も周りを見て、態度を変えてきます。

新入りの人はキョロ充の最初の態度をしっかりと覚えているため、表面上は普通に話していても、心は絶対に許していないでしょう。

日頃から周囲に従属する態度をとっていると、知らず知らずのうちに嫌われてしまうのです。

 

sponsored link

まとめ

キョロ充は周囲を常に観察して、自分が安全な場所にいることを確認しています。

安全な立場にいるからこそ、多数派の中にいるからこそ強気で物が言えるのです。

 

しかし、「集団から浮きたくない」「集団での立ち位置を確保したい」と思うがあまり、自分の本当の気持ち嘘をつくこともあるため、心が消耗してストレスが溜まっていきます。

 

また、見ている人は見ているため、周囲に同調してばかりのキョロ充は、「自分の意見がない」と思われ、信頼を得にくくなります。

 

 

精神が不安定な10代ならまだしも、大学生になったら周囲に合わせるばかりでなく、自分の意見を持ち、主張できるようになっていくほうが、これからの社会を生き抜いていく上では良いでしょう。