失言を後悔して苦しい!

つい口からポロっと出た一言を後から思い出して、後悔して苦しんでしまうことはありませんか?

そんな時に切り替える方法と防ぐための方法をまとめました。

 

sponsored link

失言を後悔して苦しい!どんな時?

 

つい失言してしまうことってありますよね。

職場、営業中などのビジネスシーンでも、友人と話している時でも。

ついポロっと口を滑らせて相手の怒りを買ってしまうこともあります。

 

 

髪が薄くなってきた人に「髪薄くなってきたね」

お腹が出ているだけの女性に「(妊娠)何か月ですか?」

結婚祝いのカタログを見て「あまり良い商品がなかった」

彼氏・彼女を必死に探していて、合コンにたくさん行っている人に「そんなに行ってるのにまだ恋人できないんだ」

(これは悪意がありますね…)

年齢を気にしている女性に「しわがくっきりしてますね」

 

 

挙げるとキリがありませんが、社会人生活の中で見聞きしてきた例を挙げました。

 

 

悪意をもって失礼なことを言う人ではなく、そんなつもりもないのに考えなしに喋って、後から配慮が足りなかったと悩む人は根本的に思慮深い人ですし、優しいと思います。

だから苦しむのです。

 

そんな時に切り替えるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

sponsored link

失言を後悔して苦しい!対処方法

失言したことをずっと考えていると苦しくなってしまいます。

ストレスです。

失言後の対処方法をご紹介します。

 

次に会った時に謝る。悪意がなかったことを伝える

失言した際に相手がどう思ったのかは、相手の表情や、その後の態度を見れば何となくわかるものです。

 

 

相手の態度がおかしい、何となく避けられていたり、攻撃的になられたり。

そんな場合には、早く謝って、悪意がなかったことを伝えましょう。

相手にも思いが伝わるし、自分もすっきりすることでしょう。

 

それでも相手が怒ったままの場合や、「全然いいよ」と言いながらも心の中では怒りを抱えて避けてくる場合は、こちらもスルーしましょう。

ずっと気にしているとストレスになってしまいます。

 

2度と話題に出さない

相手が触れて欲しくないことに関して聞いてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、謝るのも良いですが、相手としては触れてほしくないこともあります。

相手がそういった雰囲気を醸し出してきたら、その話題には触れず、2度と自分からは話題に出さないようにしましょう。

 

 

時薬と言います。

もしかすると、何年かして相手から「あの時は…」と説明してくれるかもしれません。

 

sponsored link

失言を後悔して苦しい!切り替え方法

 

忙しくする

仕事や家族の行事など、忙しいとそれだけで頭がいっぱいになって、他のことを考える余裕がなくなります。

意図的に日常を忙しくしていくと効果的かもしれません。

 

夢中になれることをする

忙しくする、と似ていますが、夢中になれることを探し、その作業に没頭すると失言の件を忘れられるでしょう。

 

別の場所で失言してみる

毒を以て毒を制す、極端なやり方であまりお勧めできるものでは、ありませんが、別の場所で失言をやらかしてみるといいかもしれません。

失言の重みが以前の失言よりも重ければ、新たな失言に気をとられて、以前の失言など忘れてしまうでしょう。

 

 

失言を防ぐための方法

人間は普段頭で考えていることを喋ります。

頭の中で次に喋る文章を組み立ててから喋る人はいないでしょう、無意識に次々と言葉を紡ぎだしているはずです。

 

ですので、普段から頭の中で考える内容について気をつけましょう。

 

 

「この人○○だな。どうしようもないな」と普段から考えていると、ポロっと口から出てしまいます。

 

 

例えばよく転職している友人に、「仕事続かない子だな。私は同じ仕事をずっと続けてるけど」と考えているとしたら、

会話の流れの拍子に「次の仕事は続きそう?」「いい加減落ち着いたら?」

と言ってしまうかもしれません。

(本人としてはキャリアアップや、前向きな転職かもしれないのに)

 

 

結婚後子供ができない人に「子供まだできないのかな?」と思っていると、

会話の流れで「子供作らないの?」「○○に子供が生まれたんだって」と言ってしまう人もいるかもしれません。

(不妊治療しているかもしれない、DINKSで生きていきたいのかもしれないのに)

 

 

友情が途切れてもいいなら良いですが…

交流を続けたいのになら失言に配慮したほうが良いでしょう。

 

 

相手の気持ちを慮れば慮るほど、失言は減っていきます。

「失言 後悔」で検索している人は自分の失言に気づいている人なので、思慮深い人でしょうけど…

 

 

ちょっとスピリチュアルな話になりますが、

頭で考えることが現実に影響を及ぼします。

嫌なことばかり考えていると、嫌なことを引き寄せ、また嫌なことが起きるような人生になっていきます。

良いことや、欲しいものを考えていると、それらを引き寄せます。

 

 

 

普段から頭の中で考える内容に気を付け、失言の回数を減らしていきましょう。

更に、嫌なことでなく、幸福なことを考えるように意識すれば、幸福なことを引き寄せていけるでしょう。