一人大好き人間のロッジ

一人大好き人間の苦しみ。一人好きな自分を認めると楽になる

あなたは一人でいるのはお好きですか?

 

休日は一人で過ごす。

自分から友達を遊びに誘うことは滅多にない。

趣味ややりたいことに熱中している時間が至福。

一人が楽。

一人カラオケ、一人焼き肉、一人ラーメン。

 

 

大人になってから一人の時間を大切にするようになった人、昔から一人行動が好きな人。色々ですよね。

 

一人は、そこに楽さ、楽しさを感じる人にとっては最高です。

 

 

そして、私は一人でいるのが大好きです。

というかそれが自然な自分なんです。

一人大好き人間の私の経験を書いていこうと思います。

 

sponsored link

集団の中での孤独

一人大好きと前振りで言っておいてアレですが、幼稚園、小学校までは皆で集まって遊ぶのが大好きでした。

皆で鬼ごっこしたり、面白いことを言って皆を笑わせるのが生きがいという子供でしたw

 

中学の頃になると、

思春期のせいか周りの目が気になるようになり。

 

目立ちたいという欲や、小学校時代の友達に対しての負けず嫌いなところがあったので、目立つグループにいたいと思い、目立つ方の友達と付き合うようにしたり。

(今だとスクールカーストなどと言うみたいですね。当時はそんな言葉はありませんでした…)

元々盛り上げるのは好きだったし、人と喋るのも好きだったけど、何だかすごく疲れるなぁと感じて、時たま黙ったりしていたと思います。

そしてその落差は他の人から見ると異質、不自然に映ったようで。

ヤンキー被れにハブられたりしました。

 

男子にすれ違い様に「ぼっちだ~」などと吐かれたこともありました。

ここで私がモテ女子だったらよかったのですが、そうではなく(爆)

思い出してもあいつ、嫌いですw

 

 

実はその頃から休みの日は家でのんびり好きな映画やドラマ、音楽を聴いて過ごす時間が大好きだったんです。

 

今思えばただ集団の中での立ち位置を証明したいから、あぁしていたのかなと思います。

本当の自分の望みも知らずに。

 

 

高校は受験して進学校にいき、友達もでき平和に過ごすことができました。

でも休みの日にアポとってまで遊んではなかったです。

学校ではほどほどに付き合ってましたけど。

 

 

大学に行くと、固定のクラスがないので授業を取ってさっさと帰ってバイト行く日々。

一人好きが加速していきましたw

サークルとか入ってそこでの友達付き合いはあったし楽しかったですが、学校では一緒の授業を履修して、一緒にお昼食べてとかはほとんどやっていませんw

 

そんな風に一人でさっさと行動していたわけですが、人の目はちょっとは気になったことも。

他の女子はグループ作って群れを成していたので。

課題、卒論、就職とか情報交換できるからそっちの方がいいのかな~と一瞬思った時もありましたが、振り返って思うことは、

別に全然一人でもクリアできました。

 

ゼミとか入れば同じゼミの子と話すは話すので。

気が合う友達はできましたが、群れはしませんでしたね。

 

時は流れ。

大人になって住む場所、仕事、生活の仕方を自由に選択できるようになり、やっと自分の本音を認めて自由になれた気がします。

私は一人が大好きなんだ」と。

 

これまで苦しんだ理由も明確になってきました。

 

sponsored link

本当の自分の気持ちと世間の常識との軋轢

世間の常識では、

「友達が多くいるのが善」

「社交的なのが善」

「ぼっちはかわいそう」

 

というものがあると感じていました。

最近でもそういう価値観を持った、地元の友達にジャッジされそうになったので、鳥肌が立つ思いがしました。

いちいち反論はしていませんけど、これからしていこうかなと思いますw

多分もう会いませんけど←

 

 

 

学生時代は「友達たくさんいるのが善」という価値観から外れたくなくて、人に色々言われたくなくて、友達とグループを作ったりしていた。

集団の中でマジョリティーの意見に合わせようとして、自分の本音を優先していなかった。

「友達がいないと恥ずかしい」「いる方がいい」という価値観と自分の本当の気持ちの間で軋轢が生まれ、不安定になっていたのだと気づきました。

この揺らぎのせいで苦しみ…

本当は一人で好きなことに没頭する時間が最高と感じて、無意識にそのような行動をとっていたのに。

 

 

 

でも若い頃はそこを見つめるのが難しかった。

親世代ですら、「友達いる=善」という価値観を押し付けてきたと感じています。

近所の友達の親にそういうことを言われたことがある。

 

 

その矛盾に気づいて、自分が本当に欲しているものに気づいて楽になることができました。

これが自分で、やりたいことをやればいいのだ、という気持ち。

 

 

sponsored link

一人好きな人の正体

正体というと大げさですけど、

人と違うということで色々と考えすぎた時期に性格の特性について調べたことを。

 

シゾイドパーソナリティか?HSPか?と考えたことがありました。

 

[シゾイドパーソナリティ] 

特徴:

対人接触を求めない。

静かで淡々とした生活を好む。

精神的で内面的な世界に重きを置く。

欲があまりない(名誉欲、権力欲、おしゃれしたいなど)

 

 

[HSP (Highly Sensitive Person)

特徴:

感受性が強い

空気や人の機嫌などに敏感

常にアンテナを張っているので疲れやすい

気を使いすぎ疲れてしまう

 

 

あてはまってるものもあれば、全く違うものも。

 

欲はあるのでw、シゾイドではないにしろ、HSPだとは思います。

ですが、あえて性急に答えを出さないでおこうと思います。

何でも型にはめ過ぎることをしたくないので。

 

もちろん、こういったパーソナリティの特性を知ることで楽になれた部分もあるので、一人好きで悩んでいる方は本など読んでみることもおすすめです。

 

 

一人でいることが楽になったきっかけ

私の場合は夢中になれることを見つけたことだと思います。

こうしてブログを書いたり、好きな趣味や勉強をしている時間は最高です。

人のことも気になりません。

自分がやっていることに自信を持っているとブレなくなり、人から何か言われても軽く流せるようになります。

 

 

無理して人と付き合っていると感じている人、なぜか人と会った後疲れるな~と思う方は、一度自分の本音を見つめてみると良いと思います。

 

一人好きで、群れることが嫌い、面倒だと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

-一人大好き人間のロッジ

Copyright© 孤高のロッジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.