人間関係のロッジ

習い事の先生と合わない!悩んだ時の対処法3つ!大人の趣味

習い事の先生と合わない!と思うことってありますよね。

悩んだ時の対処法をご紹介します。

大人の趣味の習い事の場合です。

 

sponsored link

習い事の先生と合わない!と思う理由

習い事の先生と合わない、と思う理由は、いくつかあるでしょう。

 

1.好きな生徒ばかりかわいがる。えこひいきする。

好きな生徒だけをえこひいきする先生もいます。

そういう先生は、自分の気に入らない生徒に対しては、冷たく接することも少なくありません。

ひどい場合は、他の生徒を巻き込んで気に入らない生徒を村八分にすることもあります。

 

習い事の先生は、

その分野でエキスパートであっても、できた人間ばかりというわけではありません。

むしろ、人間性が伴っていない場合、先生と生徒という立ち位置を利用して、

意地悪してくる人もいます。

 

2.見返りを要求してくる

習い事では、

月謝などのお金を払うことによって、先生から知識や技術を学びます。

お金を払うことによって、

「教える人」「教えられる人」という対等な関係が成り立っているはずですが、

それ以上のものを要求してくる先生もいます。

 

  • 褒めないと不機嫌になる(褒めを要求してくる)
  • 貢物を求めてくる(お歳暮、菓子折りを先生に送る習慣がある)
  • 飲み会、交流会への参加
  • 先生の発表会への参加は絶対

 

本来、お金を払っていれば技術を教えてもらう権利はあるはずですが、

それ以上の行動を暗に要求される場合もあるのです。

 

習い事は、先生ありきの空間。

先生のやり方に大きく左右されるため、

金銭以上の行動を要求されるのも免れないことがあるでしょう。

 

3.怖い

指導方法が怖い先生もいます。

 

生徒が初心者の場合、うまくできないこともあるでしょう。

そんな時に、嫌味を言ったり、馬鹿にしたり、

命令口調で注意してくる先生もいます。

 

 

宿題が出ているのに、やってないから怒られた、と言う場合は

生徒側に非があるでしょうが、

そんな場合でも、怒り方が怖すぎる先生もいますね。

 

4.プライベートに踏み込んでくる

家族は何人、既婚未婚、子供がいるか、恋人の有無、仕事内容、給料の額。

これらプライベートなことを明かさなくても、習い事ではほとんど問題ないでしょう。

 

コミュニケーションを円滑にするために、

ある程度の自己開示は必要ですが、

上記の情報を必要以上に聞き出そうとする先生は、単なる噂好きか、

人の弱みを握って、いいように操作しようとする悪意のある人間でしょう。

 

習い事の”先生”なので、邪険にはできないという心理が働きますから、

ついプライベートなことを答えてしまう場合もありでしょうが、

先生にこんなことをされると、一気に嫌になってしまいますね。

 

5.けなしてくる

先生はその道のプロですが、生徒は初心者もいるはずです。

生徒が一生懸命作った作品などを、けなしてくるのは大人気ない対応だといえます。

 

また、上から目線で過剰に褒められるのも、嫌な気持ちがするでしょう。

実際接していると本当に思っているのかどうかは、

目の動きなどでわかるものです。

 

sponsored link

習い事の先生と合わない!悩んだ時の対処法4つ!大人の趣味

 

1.馴染む努力をする

人と関わる時に、あまり自分のことを話さない人、人とコミュニケーションを取ろうとしない人は、他の人に敬遠されることがあります。

先生であったり、他の生徒と打ち解ければ、習い事に行くのも楽しくなりますし、

習い事の技術も向上するでしょう。

 

2.先生に合わせる

「先生と合わない」、と感じた時に、

「先生と合う」ように見える他の生徒はどのように感じているかを観察しましょう。

 

先生のノリに合わせた対応や会話をしているのかもしれません。

そこまでする理由は、

技術を習得したいから、向上させたいから。

その技術の習得がその人のキャリアにとって重要だからかもしれません。

 

あなたにとっても、その技術が必要不可欠であれば、

その人のマネをして先生に合わせるのも一つの手です。

ストレスは溜まるでしょうけど…

 

習い事の重要度によって対応は変わってくるでしょう。

 

単に楽しみのためであれば、そこまでする必要はないでしょう。

 

3.新しい先生を探す

全国に一人しかその道の先生がいない、というわけでなければ

新しい先生や教室を探しましょう。

 

その習い事の内容が好きでも先生と合わない、というストレスを抱えていれば

やる気や情熱がそがれてしまうことも十分に考えられます。

 

思う存分、習い事を楽しめるように

自分に合う環境を探す必要があるでしょう。

 

sponsored link

まとめ

習い事の先生と合わない、というのはよくあることです。

先生も人間なので、色んな人がいます。

 

また、

人間はその道の分野で崇められていると、付け上がって傲慢になってしまう人も少なくありません。

 

 

そこまでして、その人から学びたい技術があるのか?

別に他の人からでもいいのか?

 

 

 

そこを考えて、その必要性がなければ

新たな環境を探して、仕切り直し、

楽しく学んでいく方が良いのではないでしょうか。

-人間関係のロッジ
-,

Copyright© 孤高のロッジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.